No.130 rìː

画 題:rìː
制作年:2016年12月1日
大きさ:340mm×340mm(縦×横)
支持体:椛合板4mm(パネル仕様13mm)
——画像をクリック(タップ)すると拡大します——
コンセプトこの鳥の種類はモズです。モズと言えば速贄(はやにえ・捕らえた獲物を木の枝などに突き刺す行為)が有名です。一般的に鳥類全般の象徴として「死と再生」があります。
 「消灯した電球(死)の点灯(再生)を願うモズが、生け贄を行う」といった意味合いで、転じて、再生を願う心を表します。ここで言う再生は自然のことです。
 電球をよく見ると、玉が切れているわけではなく、ただスイッチが切れているだけです。しかしそんなことはモズには分かりません。つまり、自然再生の希望はまだあると言うことです。
 タイトル「rìː」は、recycleとかのreで、「再び」を表します。

裏面の表記
サイン、画題、制作年

No.129 川の流れの未来には

画 題:川の流れの未来には(かわのながれのみらいには)
英語表記:In the future of the river flow
制作年:2016年10月21日
大きさ
1167mm×910mm(縦×横)(F50)
支持体:椛合板3mm(パネル仕様26mm)
——画像をクリック(タップ)すると拡大します——
コンセプト:人間の生み出した廃棄物も、動物にとっては自然の一部。命を縮める危険物や毒物であろうと動物には分からない。人間の勝手気ままを受け入れるしかないのだ。しかし加害者であるはずの人間もまた動物の一種であるのは皮肉である。
 さて、明るく開けた未来を迎える鍵は何であろうか? その鍵はひとつだけではないはずだ。我々は深く考えなければならない…。
 (川に打ち棄てられた椅子は、万物の頂点に立つはずの人間の座。フクロウは未来を憂(うれ)えているのだろうか?)

裏面の表記
サイン、画題、制作年

No.123 煌

画 題:煌(こう)
英語表記:scintillation
    第2回 藝文京展 入選

制作年:2015年10月20日
大きさ:1167mm×1167mm(縦×横)(S50)
支持体:シナ合板3mm(パネル仕様28mm)
——画像をクリック(タップ)すると拡大します—— 

裏面の表記
サイン、画題、制作年

No.119 あの空へ

 

  
画 題:あの空へ(あのそらへ)
制作年:2015年7月28日
大きさ
:330mm×330mm(縦×横)
支持体:椛合板3mm(パネル仕様16mm)
——画像をクリック(タップ)すると拡大します——

裏面の表記
サイン、画題、制作年

No.094 軛を断って明日を見る II

画 題:軛を断って明日を見る II(くびきをたってあすをみる II)
    公募「日本の絵画2014」入選

制作年:2014年7月11日
大きさ:910mm×910mm(縦×横)(S30)
支持体:椛合板3mm(パネル仕様33mm)
——画像をクリック(タップ)すると拡大します——
 

裏面の表記
サイン、画題、制作年